借金返済

借金返済で苦しんだこと

借金返済についてのことですが,はじめに申し上げておきますが私は他人から借金はしたとこはありませんし,ギャンブルもいっさいしません。

 

このたび,私がこの件について書こうと思ったのは私の父方の祖父が連帯保証人になったことの苦しさについて書きたかったからです。

 

私の母と母方の祖母から聞いた話ですが,祖父は優しくて面倒見の良い人だったといいます。その性格が災いしたのだと思います。

 

母や祖母の話では借金で苦しんでいる知人の話を聞いて情に流され連帯保証人になったとのことです。そして,それからは借金返済のために地獄の毎日だったと聞いています。

 

母と祖母は私に言いました「あなたに迷惑をかけないから」と言ってきた者に対しては親でも兄弟でも友達でもはっきりと断れと私に言いました。

 

私は初めてその話を聞かされたのは小学校の6年生の頃です。まだ子供なので連帯保証人とはなんのことかわかりませんでしたが,私が短大生になった時,父から連帯保証人について詳しく教えてもらいました。連帯保証人は証文にハンコを押しただけで他人の借金を返済しなくてはならない日本特有の悪しき制度です。

 

私は借金や保証人に関する単行本を探し買って読みました。それ以降,私は友人と保証人の恐ろしさについて話をするようになりました。

 

そして,私は人からは借金はしないし,人に金は貸さないしギャンブルはしないと誓いました。今でもその誓いはしっかりと守っています。

 

今は,子供に連帯保証人の恐ろしさをしっかりと話しています。祖父は連帯保証人になったばかりに返済に苦労して体調も崩したと父と母から聞きました。